名門大洋フェリー

画像
九州と大阪を夜のうちに12時間で結ぶフェリー。

上下便とも、後発の第2便は新型船使用。清潔感を感じた。

食事はメインホールにあるカフェテリア方式のレストラン。
出航は20時だったが、19時前には乗船を開始し、直後からレストランも営業を開始していた。品数もそこそこ、値段もまぁまぁ。働いている人たちがテキパキとしていて、感じが良い。

7階の特等室を使った。バス、ウォシュレット付きトイレ、液晶テレビ、冷蔵庫などが装備されている。部屋の広さはビジネスホテルのツインとほぼ同等の広さか。
内装は無難だが、壁の作りが悪いようで、隣室カップルの夜の営みの声が、こちらの部屋にとどまらず、通路にも響き渡ったことには閉口した。よっぽど良かったのだろうけど、本人の声の大きさや、テクニックだけの問題ではない。
5、6階の1等(2~5人部屋らしい)、特2等(セパレートのベット)、2等(大部屋)の方がレストランや売店へのアクセスがよく、前述の問題を含めて、家族で乗船する時はこれらの等級の方が良いかも。

第1便は、若干内装に古さを感じるが、作りは新造船より良い。部屋も若干広く感じた。特等、1等は乗船口のひとつ上のフロアー。この間のエレベーターがない。船室がかなり前なので、歩かされる。年配者の利用は、注意が必要と思われる。

ピークシーズンでなければ、一週間前までにチケットを購入すると20%引きになる。金額からしてもこれは大きい。ホテル代込みとして運賃を考えると、この区間は利用価値があると思う。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック