日本航空国際線 エグゼクティブクラス

画像


2004年8月13日
JL717  B747-300型 JA812J号機

飛行機本体と運行は日本航空だが、乗務員はJALウエイズとのこと(当時)。何だかよくわからないまま搭乗した。

シートは国内線スーパーシートとほぼ同じ。ピッチは窓2枚分。リクライニングがかなり倒せること、フットレストを出せる角度が大きいこと、腰当てがついていることが国際線仕様という所か。個人用小型液晶テレビ付き。
シート自体は使い込まれているようで、欧米線で活躍したあとのものを、アジア線に投入しているようだ。
座席位置が低い。座った状態で、脚が余る。長いだけが理由ではあるまい。

画像


食事は、洋食の肉料理又は魚料理、和食からの選択。デザートは別のワゴンで持ってきてくれた。上々のメニュー内容に感じた。アルコール類は、頼めばいくらでも持ってきてくれるが、昼便ではそうそう飲めるものでもない。

画像


運行乗務員3人は、とも外国人。客室乗務員もあらかたがアジア系外国人。対応は、しっかりしていて良かった。
しかしながら、日本の飛行機に乗っているのに、何か物足りないと感じたのはこのことかもしれない。運賃の安い外資系の飛行機に乗らず、あえて日本の航空会社を選んだ理由の一つを崩されている感じがするのは、私だけだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック