ホテル聚楽

群馬県利根郡みなかみ町。
関越道水上インターから約10分。ひなびた温泉街が旅情を誘うが、都心から比較的近いせいもあり、見た目より田舎ではない気がする。

ホテルは川側と山側の建物から構成されているが、観光客の減少のせいなのだろうか、山側の建物の手入れが行き届いてない。閉鎖されているのかもしれない。

画像

画像


川側の建物の上層階に宿泊。
部屋は無難。雰囲気は上々だが、備品が少ない。アメニティーセットは、期待しない方が良い。

空調は、集中方式。真夏と真冬は問題ないが、季節の変わり目は、注意が必要か。

眼下を走る上越線。たまにやってくる電車が、風景のアクセントになる。
利根川の眺めも、風情あり。

フロントロビーから客室までの案内や、非常口の説明はあるが、その後は仲居さんが客室を訪れることはない。と言うより、いないと思われる。
宿泊料金は抑えられているが、その分、サービスもかなり集約されている。

館内も何となく閑散としている。名物だった「世界のショー」も中止されたようで、客足減少は間違いなさそうだ。

画像


画像


1階の大浴場「天狗の湯」。
以前は、ここへのアクセスが階段しかなく、せっかく来ても温泉に入れない年配者がいるのではないかと思っていたが、やっとバリヤフリー対策がとられ、エレベーターが設置された。
風呂の名称は、男性をイメージさせるような気もするが、入れ替え制をとっていて、翌朝はここが女湯になる。これも、最近始めたらしい。

循環温泉。サウナあり。
タオル類は、大浴場に備え付けがない。部屋から持参する。

部屋出しの夕食もあるが、大半の宿泊客はレストランでのバイキングとなる。和洋折衷、一通りのものがそろっている。内容は、宿泊料金から見れば上々か。デザートも各種あり、子供は喜ぶだろう。
時間制限付きの飲み放題プランがあり、ついそれを頼んでしまうが、飲む方に夢中になり、食事があまり口に入らなくなってしまう。まんまと作戦に引っかかってしまったかも知れない。

以前泊まった時は、寝具に清潔感をあまり感じることが出来なかったが、今回は悪くなかった。「安かろう悪かろう」では、今の時代、生き抜けない。どの業種も同じか。

高級感はあまり感じられないが、ちょっと出かけて温泉に入り、家族や仲間と楽しく食事をする・・・ そんな旅行には良いホテルのように思う。

画像


ホテルから、谷川岳方面の眺め。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック