唇には歌を持て 心には太陽を持て

 小学校の卒業文集に寄せて、当時の音楽の先生が書いた言葉。その時はそんなに気に留めていなかった。

 仕事をしている時も、トイレにいる時も、何となく調子が良ければ鼻歌が出るものだ。同時に心の中も明るい。

 久しぶりにピアノの前に座り、自分の好きな曲の楽譜を見つけ、メロディーを奏でている時に、ふとこの言葉を思い出した。卒業後30年で、やっとこの言葉の意味がわかってきたような気がしている。

先生が元気だったら良いなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック