自分のため

 こんなねこ様だが、社会のためになることを何かしなくては・・・  という意識ぐらいは持っている。ただし、「何か」を探すのが結構難しい。

 そんな中、近くの小学校で「子供110番制度」への協力要請があった。これならば日常生活の中で十分に手伝いができると思い、参加した。

 小学校の全校集会で朝礼台に上がり(上がらされ)、子供たちの前で慣れぬ挨拶。この時だけは少々後悔したが、先生方の指導もあってか、こちらの話を聞く、中学年、高学年の子供たちの態度がしっかりしていたので、むしろこちらが驚かされた。

 支給された「防犯パトロール」の腕章をトラックに貼り付け、外出の際、時間が許せば通学路を走る。これもまた支給された「子供110番の家」のステッカーを工場の壁に貼り、工場のシャッターを開け放っておけば、子供たちを見守っているということを、不審者にアピールできる。これで、防犯の一端を担うことができるのであれば、私も、多少の満足感がある。

 外で仕事をしていると、下校途中なのか、それとも遊びに行くところなのか、子供が挨拶をしてくる。誰なのかわからないが、子供は私のことを知っている。朝礼台での作業衣姿が、強い印象だったようだ。子供達にわかりやすい格好をしていったほうが良いのではないかという考えは、悪くなかったのかもしれない。

 社会のために・・・  というより、自分が子供たちの見本になるように・・・ 結局は、自分がしっかりするために、これをやらせてもらっていることに、遅ればせながら気がついた。子供達は、大人のことを本当によく見ている。大人がやることは、子供自身もやって良いと思って見ているし、自分が子供のころも、そういう考えが間違いなくあった。

 子供達を見守るのと同時に、自分を見直すいい機会を与えてもらったと思っている。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック