ゆいレール おもろまち駅

画像

那覇市安里。
駅売店の存在が、乗降客数の多さを証明している。

路線バスのターミナルあり。
タクシーも、常時待機。



画像

人気のDFSはホームのすぐ隣で、至便。



画像

初乗り200円は、沖縄の物価から見ると、なかなか強気に思えるが・・・。
半ば常識の「中学生=大人料金」の表示や、回数券の有効期間が6ヶ月など、どことなくのどかさを感じる。



画像

大半を占める10分おきの運行は、利用者にとってわかりやすく、また、あてになる交通機関だ。



画像

ホーム全景。
ゆいレール全駅ともに、上りのエスカレーターとエレベーターが完備されている。

終日2両編成での運転だが、ホームの長さから考えると、将来は増結運転の可能性があるのだろう。



画像

ホームに駅員はいないが、転落防止対策などは、ほぼ万全に取られている感じがする。安全柵の隙間も、まったく見当たらない。



画像

日中に発着する便は、DFSへ向かう観光客で賑わう。
当駅から那覇空港駅までの間は、立っている乗客を見ることが多いが、逆の首里駅までの間では、空席が目立つ時間帯がある。

ゆいレール全駅が、ホームの構造こそ違いがあるものの、ほとんど同じような規格で作られているため、特徴を探すのが難しい。新しい交通機関、新しい構造物の特徴が「それ」なのかも知れない。



↓ おまけ(上の写真と比べて、「間違い探し」ができそう・・・。)

画像

現在の終着の、首里駅。
反対側のホームは使われておらず、この2番ホームだけを使って折返し運転をしている。


画像

首里駅からの延伸計画も進んでいるようで、この行き止まりマークが撤去される時も、いずれやってくる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック