再スタートの時・・・か?

 以前は、私の得意先であり大事なお客様、今はその関係を保ちつつ、友人として付き合い始めた方が、奥さんと一緒に遊びに来てくれた。

 1か月前に呼ばれた結婚式では、両家の喜びが本当によく感じられ、目頭が熱くなるのと同時についつい讃美歌を大きな声で歌ってしまい、「聖歌隊」のお姉さんたちの視線をも感じた。ご主人は私より一回り年下、奥様はさらに7つ下。へたすりゃ、私とは親子の年の差だ。私の身の振りが今一つはっきりしない中で、二人の幸せを温かく見守る余裕がある自分、うらやましさを感じる自分、焦りのようななんだか落ち着かない自分、それを冷静に分析している自分が混在し、何だかおかしな感じだ。

 同じ失敗をしないようにするには、前回と同じ状態でスタートをしないことがあると思う。スタートしないこと・・・も当てはまるとは思うが、それでは面白くないし進歩がない。

 「淋しくても死なない」は、私の口癖の一つだが、淋しいまま死ぬのも面白くない。

 「面白くないままにしない」も私の口癖だが、だったら今の私はそれに対して矛盾している面がある。

 使う金などいくらもないが、金遣いが荒かったわけではない。酒もたしなむ程度、女遊びも派手なわけではない。結婚生活に終止符を打った理由はお互いにあったわけで、私が卑下する必要はないと信じる。

 人生の半分を終えている自分。さらに有意義に過ごすために伴侶は必要・・・と思ってはいたが、これと言った行動を起こしていなかった。が、今日の幸せな夫婦を見て、他人事で終わらせてはいけない・・・と、ふと感じた。

 慌てはしない、縁がなければそれまで。だけど、探してみようかな。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

yumetomezame
2008年07月27日 21:48
自分で思いたった時がその時だと思います。
慌てる必要はありません。
スタートのチャンスは何度でも一生あると思います。
ねこ様ならきっと実現できると思います。
ねこ様
2008年07月28日 08:22
yumetomezame様、ご無沙汰しております。

何事も同じで、スタートする気があるのかないのか・・・が一番重要ですね。エンジンを止めていては動けないし、アイドル状態が長く続くのも、今の時期、不経済ですし(笑)。

誕生日近くになるとこんな私も少々ナーバスになりますが、それもつかの間、いつものポジティブな自分でこのことも考えようと思います。

ありがとうございました。

この記事へのトラックバック