卒業シーズンに思う

 幼稚園にいる時は強がっていたけれど、卒園式を終え、帰宅してから涙を流した私を、母は優しく慰めてくれた。自分だけが違う小学校へ行くことの不安が、とても大きかった。

 小学校の卒業式の時は、前日まではみんなが笑顔だったけれど、式後のホームルームで、クラスのアイドル的存在の女の子が涙しているのを見て、驚いたのと同時にその子のことがもっと好きになった。比較的遠くから通学していた私は、学区の違いから、クラスの大多数と離れなければならなかったので、その不安は幼稚園の時より大きかった。

 中学校の卒業式の時は、校門の横で、当時付き合っていた一つ下の女の子が涙を流してくれているのを見て、恥ずかしさと寂しさが、心の中を駆け巡った。幼稚園時代の友達と多数再会した中学校だったが、再度の別れとなった。

 高校の卒業式は、周りの目を気にせず、気の合った友人と大声で校歌を歌ったことが貴重な思い出。驚いた先生もいらっしゃったようだが、当然のことながらお咎めなし。最後のホームルームのために教室へ戻る途中、校内のスピーカーから流れてきた「卒業写真」。勉強にも恋にも、力いっぱい高校生活を送らなかったことへの後悔が、一気に押し寄せた。あの時のやるせない気持ちは、今も覚えている。学校を後にし、2両編成の電車の一番後ろに乗り、遠ざかる校舎をずっと眺めていた。

 大学の卒業式は、残念ながら迎えることができなかった。自分の努力不足、この一言に尽きる。

 いつかは自分の子供の卒業式に出席して、あの時の気分を思い出せるかな・・・なんて思ったこともあるが、現状ではそれも遠い夢。

 この季節は、ちょっと感傷的になってしまう。本当は、そんな柄ではないのだが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック