逃げ腰

 若い時は、あと先をあまり考えず、勢いのままに突っ走ったこともあった。

 年齢を重ね始め、社会的にいろいろな責任を負うことを理解してからは、変なリスクを負うようなことはしないよう、気をつけるようになった。

 何事も正面衝突は避けたいと思っているから、かわし方や逃げ道も考えるようになった。

 それらが社会の中で生きていく上での処世術みたいなもの・・・ と思っているが、気が付いてみると、衝突を避けるための、一つの手段としての逃げ道だったのに、時として、最初からそこを意識し過ぎてしまったり、ちょっとのトラブルでもそこへ向かおうと考えてしまう自分があった。逃げ道に目が行ってしまい、最初から逃げ腰になっている。結果、大きな損はしなくても、なかなか得はしない。守るべきものは守れても、ジリ貧を否めない。

 自分のことなど大して問題にしていない。だから、一人で行動するときは、気楽なスタンスだ。だからこそ、衝突は避ける。著しくこちらが侵害されなければ、黙っている。ただし、自分が守るべき家族、仲間に対しては、この妥協は断じて許さない。許さない気持は揺らいでいないが、若いころに比べれば体力が落ちたと感じるせいなのか、「戦う」ことの意識が、若干低くなってしまったかも知れない。

 改善すべきことはたくさんありそうだ。まずは気力、体力の充実が、逃げ腰脱却の特効薬になるのだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック