何とかなるのか…

 ここ30年間、年末年始はずっと出先で迎えていた。自宅と職場があまりにも近いから、せめて正月ぐらいは仕事を忘れよう・・・との気持ちから、ずっと続けていた。

 しかし、今年はあきらめた。

 母が認知症と診断されてから2年。物忘れは仕方がない。それに伴う症状への対応は、周囲の協力を得ながら何とかやってきたが、自分一人でできることの限界に近付いたみたいだ。仕事中はやり繰りをして、帰宅時間を早めたりして何とかやっているが、母を連れての外出は、私一人では大きな不安を覚えるようになってしまった。

 何とかしたくても、何とかしてあげたくても、相手の心が閉ざされていたり、何かの理由でよそを向いてしまえば、素人としては対応のすべがない。

 職場と自宅が近い私は、家族の面倒をみることに関しては恵まれている。その私でさえ、不安や心配の連続なのだから、昼間、家を空けなければならないご家庭は、さぞ大変だろう。デイサービスの世話になれることがどんなにありがたいか、遅ればせながらわかってきた。

 何とかなる、何とかなる・・・ 仕事中に呪文のようにつぶやく言葉。だけど、この事態に対しては、その言葉が通じなくなる時もあるのだろうか。楽しかるべき正月休みに、一人、このことを心配し続けなければならないことは寂しいものだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック