母はどこへ行ったんだ?

 家出をしたわけではない。自宅にいるのだが・・・。

 認知症の症状が物忘れだけなら何とでもなると思っているが、それ以外にいろんなことが起こる。なんとか快適に、穏やかに日常を過ごしてもらおうと、私の悪い頭でいろいろ考えて行動しているつもりだが、気持ちがなかなか通じない。こちらの思い過ごしもあるだろうから、必ずしも喜んでくれるわけでないだろうが、時として、耳を疑うような言葉をぶつけられ面を食らう。どこをつつくとその言葉が出るのか…そんなこともしばしばある。

 最初の頃は私が感情的になり、つい怒鳴り返してしまうことが多かったが、それが無駄なこととわかってからはなるべく静かに穏やかに対応している。幻聴に左右されているから、決して私のことを怒っているわけではないが、話の内容が支離滅裂の時もあり、どうすればいいのかわからなくなる。姿は母だが、話す内容は別人だ。

 いくらなんでもひどいこと言うなぁ・・・ この先、どうなってしまうのだろう… 毎晩考えることだ。しかし、落ち着きを取り戻し、眠りに入った母の顔を見ていると、何だかかわいそうになり涙が出る。忘れてしまう病気からいろいろなことが起こってしまうわけであり、母が自分の意思で言ったりやったりしているわけではないのだから。

 母がどこかへ行ってしまったような心持ちだ。姿は間違いなくここにあるのだが…。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック