改札口で

 切符を買ってから電車に乗るのが当たり前の頃だったから、しばらく前の話だ。

 池袋の東武東上線の改札を通ろうとした時、「JRの乗り場はどこでしょうか?」と、初老の男性が声をかけてきた。目と鼻の先と言っても良いような距離だし、私が乗ろうとしていた電車の出発時間も迫っていたから、「そこですよ」で済まそうかと思ったが、急いで帰宅してもこれと言って用事はなかったし、その男性が、どことなく地方から出てきた人にも見えたので、切符の所持を確認して(当時のJRは、東上線の改札口をはさんで、切符売り場と改札口が右と左に分かれているところがあった。)、JRの改札口まで連れて行った。

 どこへ行くと言ったかは忘れたが、乗り場を教えて別れようとしたところ、その男性が私の手を強く握り、目にいっぱいの涙を浮かべ「あなたは親切だね。うれしいなぁ。ありがとう。」と言ってくれた。とても驚いたが、この程度のことでそんなに喜んでくれるのなら、乗ろうとしていた電車1本など何と言うことはない。案内板は結構あったと思うけど、わたしが想像していた以上に、この男性は不慣れで不安だったんだろう。

 人ごみの中で周囲の目にはどう映ったか知らないが、私もうれしかったし、私がこの男性に何かを教えられた気がした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック