降りれるか? 乗れるか??

画像


このバス停にバスが到着したとして、降りにくくないだろうか?乗りにくくないだろうか??
バスはバス停にピタッと寄せて止まるのが普通だと思うが、前扉からの乗降があるとすればガードレールの向こう側に設置されたバス停は、少々不思議な感じがする。
ここで運行されているバスは大型車両で、運賃も距離制であることを知っている。乗車は中扉で、降車は前扉だ。本来なら、このバス停の設置の仕方はあり得ないと思うが、ここは、この路線の起点から二つ目の停留所で、人が降りるということを想定しなければ、これもありだろうか。

画像


写真に写っていないが、左側、ガードレールが終わっているすぐ左は、奥の倉庫の車両出入口になっている。バス停を現状より左側に移動させると、バスの到着時、倉庫の出入口をふさいでしまう。右奥にずらせばガードレールの切れ目はあるが、民家の入り口に掛かってしまう。それらを避けたか??。



画像


バスが倉庫の出入り口をふさいでしまうようなことが一日に何回ぐらい起こってしまうかというと… 心配はいらないようだ。週末に至っては、心配は皆無。この本数であれば、バス停から離れたところに停車させても、だれも文句は言わないだろ・・・ と口には出さないものの、バス会社の言い分が聞こえる気がする。いや、それ以前に、このバス停を定期的に利用する人がいないのだろう。免許維持路線の典型的なダイヤだ。

しかし、バスは公共の乗り物。足の不自由な方、車いすの方だって利用する。どんな場合でも、安全に乗り降りできる状況を作っておかなければならない。やはり、一考するべきではないだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック