真価が問われる時

 大物俳優の自宅が火事になったことが、芸能番組で大きく報道されている。出火については、お気の毒としか言いようがない。

 私は、映画を熱心に見る方ではない。だから、この俳優の名前や顔こそ知っているものの、映画などで、どのぐらいの活躍をされていたのかは、あまり知らない。しかし、燃えてしまった自宅で、テレビのインタビューに答える態度には感服した。

 出火原因がはっきりせず、物盗り後の放火の可能性が大きいようだが、気落ちしたところをいくらも見せず、淡々と、いや、むしろ(良い意味で)開き直った態度で状況を話している。映画での渋い役を、この厳しい場面でも演じているように見える。これは、なかなか出来ることではない。この人こそ、人前に立つことを意識している、本当の芸能人だと思う。

 苦しい時、厳しい時こそ、真価が問われる。この俳優の態度は、真似させていただくに値する。再びのご活躍を、心からお祈りしたい。

"真価が問われる時" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント