「休日は怖いですよ」

 日曜日の昼過ぎ、たまたま乗ったタクシーのドライバーの言葉だ。何年か前、やはりタクシー乗車中に同じような話をしたことがあったが、その時はあまり気に留めていなかった。しかし、今は全く同感だ。

 首都高速で、「気違いじみた走行」をする車は、曜日を問わず、しばしば出現する。平日は商用のバンやトラックにそういう輩が多いだろうか。飛ばしても、走行性能は乗用車と比べれば落ちるし、多少なりとも職務としての運転ということを覚えていれば、我慢もある。また、絶対に危ない・・・という場所をだいたい覚えているから、そこでは無茶をするやつは少ない。合流だって、マナーさえわきまえていれば、意地悪をする車は明らかに少ない。平日の「それ」は、まだマシのような気がする。

 休日の「それ」は、我慢など微塵も感じられない。合流では、間に入れないように間隔を詰めてくる。その先のカーブのことなど考えず、いや、知らず、いやいや、知ろうともせず、車の性能を試すかのような走行で突っ込んで行く。私が頻繁に使う首都高速5号線で言えば、中台、板橋本町、北池袋、護国寺、飯田橋のカーブは、高性能のスポーツカーは別だろうが、それ以外の車なら時速80キロを超えて進入することは自殺行為と同じだと思う。それがわかっているから、私は事故を起こしたことはないし、生き残っている。ラジオの交通情報で、その地名が読み上げられるたびに、現場のカーブを思い出し、でかい事故になってなければいいが・・・と思う。家族や彼女を乗せて無茶なスピードは出せないはずなのだが、どうしてそうなってしまうのだろうか。

 休日は怖いのではなく、快適なはずだ。快適が高じると結果的に怖いものになるのは、すべてに通ずるのだろうか。


 

 

"「休日は怖いですよ」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント