新車に思う

 時期が早いかとも思ったが、車検を機に、トラックを買い替えた。  まだ乗れるのはわかっているけれど、走行距離が伸びると、あるところを境に著しく修理の必要が出る。高級乗用車と違い、車両費がそれほど高く無い場合は、修理費の割合がそれに対して、著しく高くなる。  ギャンブルは好きだが、あくまで余暇であって、仕事中にはしない。壊れるか壊…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

原瀧

福島県会津若松市。東山温泉。 温泉街に入ってまず目についたのが、廃業した旅館の建物だった。1軒や2軒ではない。びりびりに破られた障子が痛々しい。客足減少の影響か、それとも放漫経営の結果なのか。 最近作られた、展望風呂付き客室に宿泊。 角の一部屋をそのまま浴室に改造、隣の部屋とつなげたと見受けた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若竹の庄

栃木県、鬼怒川温泉。 旅番組で、たびたび取り上げられる温泉宿。 「別邸笹音」に宿泊。最近の建築とのことで、清潔感がある。 本館も含め、大規模な団体は取っていないとのこと。全体として、落ち着いた感じか。 客室は4タイプ。写真は、そのうちの最も狭いタイプ。シングルベット2台と、和室6畳程度、及びテラス。 きれいに出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はやとの風

鹿児島中央と肥薩線吉松を結ぶ、気動車特急。 最近までは、期間を決めながら運行されていたが、定期列車に昇格した(のかも知れない。時刻表を見た限りでは)。 写真は、霧島温泉駅にて。(後方から) 列車の型式は知らない。 JRの特急列車で、両開きの扉は珍しい。通勤用の車両を改造したか? 普段は2両編成ら…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

東海道山陽新幹線 700系グリーン車

デビュー同時は、どことなくかわいらしい表情の先頭車が話題になったが、今では東海道山陽新幹線を代表する車両になった。 16両編成のうち、グリーン車は3両。稼働率が高い事をうかがわせる。 普通車と比べて、1両の定員が60%程度なのだろうか。3人掛け座席がないだけでも、ゆったりした感じがある。山陽新幹線の、ひかりレールスターと比べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホテル日航東京

お台場のフジテレビの隣にある、その名の通り日本航空系のホテル。 泊まってみてわかったが、レストランの稼働率がとても高い。平日の宿泊で、宿泊客が多くなかったのに、当日の夕食の予約が思うように取れなかった。近隣の会社に勤めている人や、アフターファイブのデートでここを使う人がとても多いようだ。各レストラン共に、外の眺めが良い。雰囲気も上…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

The Oriental Bangkok

タイ王国。 チャオプラヤ川のほとりにある、伝統あるホテル。 スタッフがサービスに徹していて、受ける方も気持ちがいい。タイの国柄だろうか、人間も穏やかに感じる。 レストラン、ラウンジが9箇所(だったと思う)。バラエティーに富んでいる。 タイ舞踊を見ながら夕食が取れるレストランは、人気があるようだ。舞踊団もホテル…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

上蒲刈島の思い出

 父と、初めて寝台列車に乗ったときのこと。今は廃止されてしまった「あさかぜ1号」に乗り、広島を目指した。20系3段式の寝台は、今思えばかなり手狭だが、当時の私には斬新だった。  東京の発車が宵の口のせいもあり、座席車で出発。寝台の組み立てまでは、1コンパートメントに最大6名の客が顔を合わせた。私の列は、上段で窓側が私、中段中央が父…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呉 阪急ホテル

広島県呉市。 JR呉駅前にある14階建てのホテル。 レストラン2ヶ所、ラウンジ1ヶ所、喫茶店2ヶ所。 小規模ながら、インストラクターが常駐するフィットネスクラブもある。 地方都市という観点からすれば、十分な設備。 宿泊は無難。フロント担当の人数が少ないのか、部屋から電話をしても出ない時があった。全体的にのんびりした感じ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

清流荘

静岡県、下田蓮台寺。 建物は、新しいものと古いものが混在している。正面玄関の建物は昭和10年代半ばだとか。 古さの中にも清潔感を感じられる。 増築を重ねたらしく、建物のつながりはよくない。 年配者は、大浴場から離れた部屋に宿泊すると、不便さを感じるだろう。 料理メニューは、宿泊グレードによって変わるようだが、素材がはっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あだたらの宿 扇や

福島県、岳温泉。 東北道二本松インターから、坂を登ること15分。 以前は栄えた温泉街のようだが、最近では客足も多くはなさそうで、廃業した旅館も目につく。 急な坂道に面した3階建て。メインの建物は、最近、改装したそうだ。 館内も、どことなく田舎のムードが漂い、静か。大きな団体は取っていないとのこと、個人客としては静かな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本田美奈子さんの訃報を聞いて

 特別なファンではなかったけれど、歌が上手だったことは学生時代から知っていた。上手だなんて、プロ歌手に対して失礼な言い方だが、一般的に言うアイドルとは一味違っていたと思う。  亡くなってから、その人の強さや優しさ、生き方や考え方の素晴らしさがわかるのが寂しい。この訃報にも、それを感じる。自分が死んだ後の事を考えるのは一番の野暮だが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ANA国際線ファーストクラス

* 記事は当時のものであり、現在は機種、クラスが変更されています。 2004年8月16日 NH916 B747-400型 JA405A号機 ソロシートではなく、2列シートが基本。前扉より前部がファーストクラスで、全15席。 ピッチは窓4枚分。日本航空の2列シートのファーストクラスは3枚分だから、これは広い。フッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本航空国際線 エグゼクティブクラス

2004年8月13日 JL717  B747-300型 JA812J号機 飛行機本体と運行は日本航空だが、乗務員はJALウエイズとのこと(当時)。何だかよくわからないまま搭乗した。 シートは国内線スーパーシートとほぼ同じ。ピッチは窓2枚分。リクライニングがかなり倒せること、フットレストを出せる角度が大きいこと、腰当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢空間 北斗星

夢空間編成を連結した「北斗星」号。 多客期に、臨時に運転されることがある。 デラックススリーパーのスイートに乗車。ユニットながら、風呂、トイレが室内にある。湯量の使用制限はなかった。さらに、2台のシングルベット、簡易的なソファー、インターホン付き。1車両の半分を、この部屋が占めている。乗車後に、ウイスキーとワインのミニチ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

名門大洋フェリー

九州と大阪を夜のうちに12時間で結ぶフェリー。 上下便とも、後発の第2便は新型船使用。清潔感を感じた。 食事はメインホールにあるカフェテリア方式のレストラン。 出航は20時だったが、19時前には乗船を開始し、直後からレストランも営業を開始していた。品数もそこそこ、値段もまぁまぁ。働いている人たちがテキパキとしていて、感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2年前の日記 10月17日 回顧

 もう12~3年前になるか、日系人を女房に持つブラジル人男性が職を求めてうちの工場へやって来た。  他の日系人の仲間たちは、人材派遣業者の「つて」により、大企業での仕事を斡旋されたらしいが、ブラジル人は言葉の問題等があり、多少敬遠されていたらしい。  彼の義理のお父さん、日系2世の方が私の父の元を訪れ、工場で使ってくれな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

参道にて

 とある神社へお参りに行った帰り、参道でかなり強い雨にあった。  雨に濡れて行こう・・・と言うには度を越していたため、露店で雨をしのがせてもらおうと、入った。他の参拝客も近くの露店に入り、雨が通り過ぎるのを待っていた。  私が入った露店付近には、たくさんの参拝客がたまたま居合わせたせいで、軒先では、頭しか入れない人も出て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

客船 飛鳥(先代)

 2002年秋、横浜仙台往復の、2泊3日のクルーズ。  デラックスルームというカテゴリーに乗船。10階のベランダ、ユニットバス付きで、船室の設備としては文句無い。冷蔵庫にも数本の飲み物が入っていたが、料金に含まれていた。  短期間の船旅だったので、その醍醐味に触れることは出来なかったが、大部分を占める外国人船員の礼儀正し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聞いた話

台風が来たある日の夜、駐車場に止めてある自分の車の下でネコがうずくまっていた。  生まれたてのネコのようで、まだ目も開いていない。居ても立ってもいられず、家に連れて帰り、世話をした。ミルクも飲むようになりそこそこ元気が出てきたが、目がどうしても開かない。獣医に連れて行って診てもらったところ、目に先天的な障害があるらしく、見える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホテルメトロポリタン長野

JR長野駅前にある、JR系のホテル。 電車で向かうのには、全く文句の無い場所にある。 車で出かける際は、上信越道から市内へ向かう道路が混むことがあり、注意が必要。 宿泊は無難。客室も機能的にできているが、面白味はあまり感じない。 高級ビジネスホテルというところか。 レストラン、ラウンジが計5か所。 中層階…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正直なもの

あっという間に桜が散り始めた。もったいないなぁ・・・ と思うが、これが一年中咲いていたら感動はない。たまに咲くからいいのだろう。  とある工場の裏手を車で走っていて、ふと気がついた。散り始めた桜並木の中で、風が吹いても花びら一つ落ちてこない木が一本あった。あたりは、他の桜の花びらで、じゅうたんのようである。しかし、その木だけは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全日空  2005年初日の出号

元旦早朝に、那覇空港を離陸、機内から初日の出を眺め、再び那覇に戻るユニークなフライト。東京、大阪からも、同じようなフライトがあったようだ。 5時から、空港サテライトで獅子舞があった。九州、沖縄地区の支社長だろうか、挨拶、また、振る舞い酒等もあり、かなりのお祝いムード。 当初、南大東島付近へのフライトの予定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いかりや長介さんの訃報を聞いて

 格好良く年を取りたいと考え出して、5~6年経つだろうか。俳優で言うならば誰かと考えた時に、いかりや長介さんを思い浮かべるようになっていた。  ヘアースタイルが、父や、敬意を抱いている知人に似ていることもあるが、口調や物腰が紳士的であることが、私をそう思わせていた。  子供の頃、土曜の夜8時と来れば、言うまでもなくあの番組だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more