テーマ:日記

タイミング

セブンイレブンで、昼食の弁当と「ギガシャキ」2本を買った。店員さんがクジを一枚引けと言うので、やや気合を入れて引いたところ、「メガシャキ」が当たった。クジが当たったのは間違いないが、タイミングとしては外れたような気がしてしまうのは、間違いだろうか。 以前、当たり付きの自販機でジュース3本を買うのに、その3本目に当たりを引いて手持ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

褒めてくれるな

 母の受診のために同行する。車いすで診察室に入り、ベットへの移乗は看護師にも手伝ってはもらうが、私が行う。力任せは否めないが、回数を重ねたこともあり、それなりに要領良くやれていると思う。  診察を終え、再び車いすへ移乗させる。母に声をかけ、半ば抱っこするように車いすへ座らせる。格好はあまり良くないと思うが、母も体のどこかを痛がるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FB(フェイスブック)をやってはみたが・・・

 友人に勧められて、FBのアカウントを作った。作っただけではしょうがないので、他愛ない話題を数回アップした。  刺激的な生活をしているわけではないから、出来事などそうそうない。外出先で写真を撮り、それをアップしようと思ったが、皆が出かけているようなところを今更アップしてもしょうがない気がするし、いい年こいた男の写真など喜んで見てく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘れ得ぬ言葉

 「企業戦士」 http://blog.neko-sama.jp/200610/article_2.html との夕食時、酔いも手伝い、本音で話をさせてもらっていた。「今後も折に触れてアドバイスして下さい」と私が言ったら、間髪を入れず「親父さんから言われてるから面倒見るよ」と言ってくれた。父が他界して3年経った日のことだった。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

う○こ 立つ

 「すざんぬ」のトイレ掃除を簡単に済ますため、人間用トイレの横に、ネコ用トイレを置いてある。「小」は猫砂ごと取り除くが、「大」は人間と同じく水で流している。  「今日もお腹の具合は良さそうだ」と思わせる、数個のう○こを便器に捨てる。水を流そうと思い、何の気なしに溜っている水を見ると、う○この一つ、わりと立派なそれが頭(片方の端)を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泉谷しげるさんの歌を聴きながら

 母が寝た後、梅酒を飲みながら一人で「紅白」を見ていた。  番組も後半になり、泉谷しげるさんの番になった。名前は知っているが、どういう歌を歌う人か知らない。「今日ですべてが終わるさ、今日ですべてが変わる、今日ですべてがむくわれる、今日ですべてが始まるさ」という歌詞は、自分には当てはまらないんだろうなぁ…と考えながら聞いていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護について 雑感

 いつも通りにちゃんとやったのに、結果が伴わないことがあるのは何故か。必要な何かを忘れていたり、間違いなくちゃんとやっても条件がそろっていなかったり、相手側(人間とは限らない)の調子が今一つのために、期待した結果が得られない・・・と言ったところか。  年配者は、急に気候が変わると体調を崩すことが多い。意図的に体調を崩す訳はなく、当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超能力…?  それより、いくらよ

 イライラすることがあったが、気持ちをどこにも持っていけない。どうしてやろうか・・・ と考えているとき、今だったらスプーンが曲がるのではないか?? などという、しょうもないことを思いついた。今まで、一度も出来たことなどない。我ながら、つまらんことはよく思いつくものだ・・・と、半ば感心しながら、目の前のスプーンを左手の親指と人差し指でギュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交通取り締まりに思う

 夕闇せまるアクア連絡道を、都心に向けて走っていた。コンディションの良い道路だから、制限速度の80キロをすぐに超えてしまう。速度をさらに上げて走りたい気分ではあったが、行く手には、首都高の激しい渋滞。都心環状線の先を先頭に20キロ、通過に100分と表示されている。ルートはいくつかあるが、避けきれない。急いで行ってもしょうがないと腹をくく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おれの仕事

 休日の朝、母をデイサービスに送り出した後、洗濯機を回し、掃除機をかけ終わったところで電話が鳴った。機械部品の修理の相談だが、話を聞く限り、修復が困難な様子。断るのは簡単だが、一応、品物を見ようと思い、得意先へ出向いた。  12ミリ厚の平板に、ややこしい形状の部品が色々とくっついている。理由はともあれ、厚み方向と幅方向に湾曲、さら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

判断 その2

 「3キロ先 渋滞10キロ30分」の表示が出ている。 高速道路を下りての迂回路はすぐに頭に浮かんだが、30分であればこのまま行った方が早いかな・・・ と思っていた時、緊急地震速報が流れた。3車線のうち、一番左側を時速100キロで走れる程度の交通量だったが、周囲の車はすぐに速度を落とし始め、車間距離が縮まり、自分の視界に入る車が一気に増え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無題

 入院が長引くと認知症に悪影響が出るかもしれないと言われていたから、正直、焦った。出来ることは何か・・・本当に悩み、一人、仏壇の前で頭を抱えた。そのような状況でも治療に助けられ、きっと運も味方し、三回目の肺炎を乗り越えた。 私がやることなど、介護の真似事に過ぎないが、それでもやるべきことはやっている。出来ることの限界を感じて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

What's your dream?

 何回も見ているお気に入りの映画なのに、このセリフにドキッとした。今までは、漠然と聞き流していたんだろう。  毎日の生活に追われ、型通りのことをするのが精いっぱいで、夢どころじゃない。「来年の100万より目先の1000円」が日常だ。以前は冗談で、「南の島で美女をはべらせて・・・」なんて言っていたが、今となっては南の島に行く交通費を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「休日は怖いですよ」

 日曜日の昼過ぎ、たまたま乗ったタクシーのドライバーの言葉だ。何年か前、やはりタクシー乗車中に同じような話をしたことがあったが、その時はあまり気に留めていなかった。しかし、今は全く同感だ。  首都高速で、「気違いじみた走行」をする車は、曜日を問わず、しばしば出現する。平日は商用のバンやトラックにそういう輩が多いだろうか。飛ばしても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それはないだろ・・・

 「白髭のおじいさん」のフライドチキンが食べたくなり、移動途中で見つけた店舗に寄った。  食事をするには半端な時間だったので、カウンターには三人の客しかいなかった。二人の店員が、順に注文をとっていた。  前の客が去り、私の番になったので一方の店員の前に進んだが、パートとおぼしき30代中頃の女性は、奥に引っ込んでしまったきり出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出先にて

 とんぼ返りだったが、久しぶりに遠出をして旅行気分を味わった。  帰路、うろ覚えだった列車の発車時刻は考えていたより早く、既に出発していた。次の列車は1時間20分後。駅の周辺は数軒の店はあるものの、時間をつぶせるような感じでは無い。ここを目指し20分ほど歩いたが、駅まであと3~4分というところに小さな喫茶店があったことを思い出し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病室で

 満塁ホームランには程遠かった。  http://blog.neko-sama.jp/201110/article_1.html  唯一の救いは、空振りでスリーストライクの瞬間、なぜかキャッチャーがボールを落とし、「振り逃げ」で1塁を駆け抜けることが出来た・・・ そんな気持ちだ。  母が入院して早くも10日。回復の兆しが見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仏壇の前で

 静かな夜、仏壇の前で一人たたずむ。隣には「すざんぬ」が寝そべっている。  母が、初めて「特養」のショートステイを利用し、外出している。私に何かがあった時、施設での生活に慣れておいてもらうために、今日の利用に至った。これからは、定期的な利用をすることになるだろう。  仕事を終え、いつも通りに帰宅したが、家の中が寒々しかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

威風堂々

 「淡い恋」をしたスーパーブランドの店員から、店舗で行われるパーティーの招待を受けたことがあった。私がこの手のパーティーに縁が無いだけであって、お得意さん相手にはしばしば催されているようだが、今回のパーティーだけは違う要素が含まれていた。この店舗はデパート内にあったが、デパートの閉鎖に伴い移転を余儀なくされ、移転直前の「フェアウエルパー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

改札口で

 切符を買ってから電車に乗るのが当たり前の頃だったから、しばらく前の話だ。  池袋の東武東上線の改札を通ろうとした時、「JRの乗り場はどこでしょうか?」と、初老の男性が声をかけてきた。目と鼻の先と言っても良いような距離だし、私が乗ろうとしていた電車の出発時間も迫っていたから、「そこですよ」で済まそうかと思ったが、急いで帰宅してもこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母はどこへ行ったんだ?

 家出をしたわけではない。自宅にいるのだが・・・。  認知症の症状が物忘れだけなら何とでもなると思っているが、それ以外にいろんなことが起こる。なんとか快適に、穏やかに日常を過ごしてもらおうと、私の悪い頭でいろいろ考えて行動しているつもりだが、気持ちがなかなか通じない。こちらの思い過ごしもあるだろうから、必ずしも喜んでくれるわけでな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真価が問われる時

 大物俳優の自宅が火事になったことが、芸能番組で大きく報道されている。出火については、お気の毒としか言いようがない。  私は、映画を熱心に見る方ではない。だから、この俳優の名前や顔こそ知っているものの、映画などで、どのぐらいの活躍をされていたのかは、あまり知らない。しかし、燃えてしまった自宅で、テレビのインタビューに答える態度には…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

くちびるNetwork

 バカなりに大学へ通っていた頃の早春、岡田有希子さんの歌うこの曲を聞いていた。春というにはまだ寒い時期だったが、ポップなメロディーや歌詞、そして彼女の雰囲気が春を感じさせた。  CMにも起用され、とても明るい曲なのだが、彼女の最期のことをぼんやりと思いだすと、私にはどことなく寂しい歌声に聞こえていた。  「さんみゅ~」がどう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AKB丸刈りの件 雑感

 AKBのメンバーが丸刈りをして、話題になっている。昨晩のNHK「NW9」で取り上げられたことには驚いた。  丸刈りの理由は、約束を破ったことなんだろう。AKBの事などほとんど知らないが、内部に決まりがあると聞く。それを破り、結果的にファンの夢を砕いたことへの謝罪として、人気のトップに君臨する人の「みそぎ」ならば、この行為もあるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語は難しい

 某女子アナウンサーが起こしてしまった交通事故に対して、某芸能人が「かわいそう」とツイートして、大炎上しているとのこと。  一番気の毒なのは、帰らぬ人となってしまった被害を受けた方であり、加害者に「かわいそう」と言うのは、なんだか違う感じがするのは、皆が思うことだろう。  この芸能人とアナウンサーの親交など、私が知るわけがな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何とかなるのか…

 ここ30年間、年末年始はずっと出先で迎えていた。自宅と職場があまりにも近いから、せめて正月ぐらいは仕事を忘れよう・・・との気持ちから、ずっと続けていた。  しかし、今年はあきらめた。  母が認知症と診断されてから2年。物忘れは仕方がない。それに伴う症状への対応は、周囲の協力を得ながら何とかやってきたが、自分一人でできること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海老フライ

 定食屋で何を食べようか迷っていると、父は私に必ず海老フライを勧めた。父の世代からすれば、海老フライは高級メニューのはず。私にそれを食べさせることを喜んでいたのだと思うし、私も、子供心にそれを理解していた。  今の私は、財布の中身を確認し、「・・・日替わり定食」と注文するのが日常だ。店の壁にぶら下がっている手書きの「海老フライ」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光栄です

 クルーズ客船のレストランで、年配の御夫婦と同席した。70ぐらいだろうか、老後を楽しんでいらっしゃるように見える。御主人のピカピカのヘアースタイルや下がった目じり、そして笑顔が、在りし日の父にそっくりだった。  酒が進み、わりと長い時間の歓談となった。  食後のコーヒーを飲んでいるときに、失礼かとは思ったが、「御主人と私の父…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハマコーさん

 浜田幸一さんのご冥福をお祈りいたします。  晩年は背任で逮捕など、ファンの一人としては残念なことが多かったと感じています。事件後、掲示を控えた記事ですが、筆者の思い出として再掲させていただきます。  ハマコーこと、浜田幸一さんの毒舌は有名だが、話の筋の通し方、押し方、引き方は勉強になると思って、いつも見てい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住職の涙

 得意先の工場長のお母様が亡くなったとの連絡を受け、弔問に出かけた。  岩手県の山あい、閑静な場所に立派なお寺がある。ここを訪れるのは2回目。初めて来たのは半年ほど前、このお寺の住職であった工場長のお父様の葬儀だった。続いてしまった不幸に、こちらも気が重い。  お寺を切り盛りしていた方の葬儀だから、多くの檀家が参列し、本堂に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more