テーマ:乗り物

降りれるか? 乗れるか??

このバス停にバスが到着したとして、降りにくくないだろうか?乗りにくくないだろうか?? バスはバス停にピタッと寄せて止まるのが普通だと思うが、前扉からの乗降があるとすればガードレールの向こう側に設置されたバス停は、少々不思議な感じがする。 ここで運行されているバスは大型車両で、運賃も距離制であることを知っている。乗車は中扉で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山陽新幹線 500系こだま号

* ダイヤおよび車両の運用は、掲載時のものです。 デビュー時、その斬新なデザインが注目の的となった500系電車だが、「N700系」の車両数が増加する中、定期運用の「のぞみ」から引退した。 三原駅に到着する、こだま745号博多行き(8両編成)。 6号車、指定席車両の様子(東広島にて)。 16両編成で運転…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR呉線 快速 瀬戸内マリンビュー

*この列車は、運転本数及びダイヤが変更されています。また、時期により運転日が変わります。 JR呉線を走行する、2両編成の快速列車(気動車)。 自由席、指定席ともに1両ずつ連結。 可部線の非電化区間の廃止に伴い、余剰となった気動車を改造したとのこと。 種別は快速であるが、広島~呉間では、すれ違いのための運転停車が多い。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

都電荒川線 早稲田~鬼子母神前

早稲田停留所 新目白通りを江戸川橋から明治通り方向へ行くと、道路の真ん中に突然、都電荒川線早稲田停留所が現れる。 すぐ近くにある都営バス早稲田営業所は、その昔、都電の車庫だったそうだ。 頭端式ホーム2面1線。 複線だが終点部分のみ単線になっており、通常はそちらで乗降が行われる。 終日5~6分…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

石崎汽船 広島~呉~松山航路(フェリー)

本州と四国を結ぶ、主要な航路のひとつ。 フェリーの他、スーパージェット(高速船)も就航。 呉~松山間、フェリー便の運賃2150円也。 5m未満の乗用車の航送料金8970円也(運転手1名の運賃を含む)。 早朝の呉港。 ターミナルは早い時間から開いているようだが、窓口の受付は午前7時から始まる。 通常…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーストビーチ(フェリー) 呉~江田島航路

* ファーストビーチ(株)は、瀬戸内シーライン(株)に社名を変更しています。 広島県呉市から、対岸の江田島市小用を結ぶ航路。 陸路だと、音戸の瀬戸を通り、倉橋島経由で1時間弱。それに対し、この航路の所要時間は20分。船のダイヤにうまく合わせれば、時間のメリットは大きい。 運賃は、普通車2100円也。(一名分の運賃380円を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆいレール

この夏で、開業4周年を向かえた。 終日2両編成で、日中は10分おきに運転。 乗客数も、年々増加傾向にあるらしい(新聞報道による)。 ゆいレールのホームページには、乗車方法(切符を買って、ホームに上がって・・・ 切符をなくさないように等)の記載があり、沖縄にとって、全く新しい交通機関である事をうかがわせている…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

全日空国際線 ビジネスクラス

* 現在は機種、シートともに変更されています。 2006年11月3日、成田→香港、NH909 2006年11月5日、香港→成田、NH910 どちらも、B747-400型、JA403A号機。 ビジネスクラスとエコノミークラスで運行しているが、最前部にファーストクラスのシートがあり(写真下)、これがビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ANA国内線 スーパーシートプレミアム

* 現在は、クラスの名称、サービスの内容、シート間隔が変更されています。 8月12日 羽田→那覇 129便 JA8966号機 B747-400型 8月16日 那覇→羽田 126便 JA8965号機 B747-400型 最前方に27席。B777は席数が違う。 B767は、機体の大きさの違いから来るものだろう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

はやとの風

鹿児島中央と肥薩線吉松を結ぶ、気動車特急。 最近までは、期間を決めながら運行されていたが、定期列車に昇格した(のかも知れない。時刻表を見た限りでは)。 写真は、霧島温泉駅にて。(後方から) 列車の型式は知らない。 JRの特急列車で、両開きの扉は珍しい。通勤用の車両を改造したか? 普段は2両編成ら…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

東海道山陽新幹線 700系グリーン車

デビュー同時は、どことなくかわいらしい表情の先頭車が話題になったが、今では東海道山陽新幹線を代表する車両になった。 16両編成のうち、グリーン車は3両。稼働率が高い事をうかがわせる。 普通車と比べて、1両の定員が60%程度なのだろうか。3人掛け座席がないだけでも、ゆったりした感じがある。山陽新幹線の、ひかりレールスターと比べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ANA国際線ファーストクラス

* 記事は当時のものであり、現在は機種、クラスが変更されています。 2004年8月16日 NH916 B747-400型 JA405A号機 ソロシートではなく、2列シートが基本。前扉より前部がファーストクラスで、全15席。 ピッチは窓4枚分。日本航空の2列シートのファーストクラスは3枚分だから、これは広い。フッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本航空国際線 エグゼクティブクラス

2004年8月13日 JL717  B747-300型 JA812J号機 飛行機本体と運行は日本航空だが、乗務員はJALウエイズとのこと(当時)。何だかよくわからないまま搭乗した。 シートは国内線スーパーシートとほぼ同じ。ピッチは窓2枚分。リクライニングがかなり倒せること、フットレストを出せる角度が大きいこと、腰当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢空間 北斗星

夢空間編成を連結した「北斗星」号。 多客期に、臨時に運転されることがある。 デラックススリーパーのスイートに乗車。ユニットながら、風呂、トイレが室内にある。湯量の使用制限はなかった。さらに、2台のシングルベット、簡易的なソファー、インターホン付き。1車両の半分を、この部屋が占めている。乗車後に、ウイスキーとワインのミニチ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

名門大洋フェリー

九州と大阪を夜のうちに12時間で結ぶフェリー。 上下便とも、後発の第2便は新型船使用。清潔感を感じた。 食事はメインホールにあるカフェテリア方式のレストラン。 出航は20時だったが、19時前には乗船を開始し、直後からレストランも営業を開始していた。品数もそこそこ、値段もまぁまぁ。働いている人たちがテキパキとしていて、感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

客船 飛鳥(先代)

 2002年秋、横浜仙台往復の、2泊3日のクルーズ。  デラックスルームというカテゴリーに乗船。10階のベランダ、ユニットバス付きで、船室の設備としては文句無い。冷蔵庫にも数本の飲み物が入っていたが、料金に含まれていた。  短期間の船旅だったので、その醍醐味に触れることは出来なかったが、大部分を占める外国人船員の礼儀正し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全日空  2005年初日の出号

元旦早朝に、那覇空港を離陸、機内から初日の出を眺め、再び那覇に戻るユニークなフライト。東京、大阪からも、同じようなフライトがあったようだ。 5時から、空港サテライトで獅子舞があった。九州、沖縄地区の支社長だろうか、挨拶、また、振る舞い酒等もあり、かなりのお祝いムード。 当初、南大東島付近へのフライトの予定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more